1. TOP
  2. ヴォルスタービヨンドとぺニブーストを比較しました。

ヴォルスタービヨンドとぺニブーストを比較しました。

ヴォルスタービヨンドには、ペニスの増大に必要である血行促進成分であるL-シトルリンの量が801ミリグラムとペニス増大サプリの中では多い量です。

同じペニス増大アプリで比較しますとペニブーストと比較しますと、こちらはL-シトルリンが780ミリグラムですのでぺ二ブーストの方がが血行を促進する力は若干弱いことになります。

ただ、協和発酵バイオ健康成分研究所の研究結果では1日辺りのL-シトルリンの摂取量は800ミリグラムほどが望ましいという研究結果になります。

L-シトルリンを取りすぎることによる副作用には、脳の血管が膨張することにより、頭痛やめまいのほか下痢や嘔吐と言った症状が表れるので、ヴォルスタービヨンドはそういった副作用を考慮してL-シトルリンの量を1日あたりの摂取量に合わせたのかも知れません。

次の有効成分はアルギニンですがこちらは、ヴォルスタービヨンドは282ミリグラムです。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促しますのでペニスの増大が見込まれる成分となります。

ペニブーストは280ミリグラムですので2ミリグラムの差がありヴォルスタービヨンドのほうが2ミリグラム多いです。

両社ともに共通していることは、体の代謝を良くして成長ホルモンの分泌を良くして体に栄養を届けてペニスの増大を図ろうとしている点です。

総合的な栄養素の量で見るとヴォルスタービヨンドのほうが総合的にアルギニンやシトルリンの量が多く含まれているので評価が高い理由はうなずけます。

後は、マカなどの自然由来である有効成分をふんだんに含んでいるのもヴォルスタービヨンドのサプリメントの方が多く配合されていますので安全なサプリメントです。

植物性の有効成分は両者とも27種類と同じなのですが有名であるものを主成分にしているのはヴォルスタービヨンドであり、中でもマカやクラチャイダム、トンカットアリなどが主成分と使用されていますので認知度のある自然由来成分を多く含むヴォルスタービヨンドに軍配が上がります。

ぺニブーストは植物由来成分はトンカットアリのみが記載されていますが、他の植物由来の主原料26種類が何であるかは分かっていませんのでそういった不明確な主成分と言うのもヴォルスタービヨンドと比較した際にヴォルスタービヨンド側に軍配が上がる要因であると考えられるでしょう。ヴォルスタービヨンドはホームページで植物性の主原料が何であるかを告知していますから、使用者はそういった主原料の情報を知りたいはずです。