30代、40代【たるみ、しわ、クマに対抗!】アイクリーム人気ランキング

アイクリームの基本的な役割と選び方

アイクリームの基本的な役割といえば ”保湿 ” です。

人間の顔の皮膚は約2mmと言われていて、それに比べ目元の皮膚はその3分の1の薄さしかありません。

目元以外の皮膚がしっかりとした手ぬぐいだとすると、目元の皮膚は薄いジョーゼットと言えるかもしれませんね。

尚且つ皮脂分泌が少なく皮脂膜もできにくい部分でもあります。

そのため必然的に乾燥しやすくなるのです。

デリケートな目元ですが、メイクは アイシャドウ・アイライン・マスカラ など、

他の部分よりも比較的しっかりとしたメイクになり、それを落とすためにまたクレンジングといったダメージを

あたえ、ちりめんジワなどの小じわやたるみとなってしまうのです。

目元専用のアイクリームは保湿力が高く、小じわなどに効果のある成分が特に多く入っています。

そんなダメージや乾燥の激しいデリケートな目元には目元専用のクリームでケアしてあげることをオススメします。

アイクリームの選び方

基本的に目元だけでなく全般的に言えるのは、添加物が少なく界面活性剤を使用していない、もしくはなるべく少ない物を選びましょう。

たとえば界面活性剤はカラダに悪影響があると認められています。

乾燥は肌の水分保持力やバリア機能がかなり低くなっている状態を指します。

このような皮膚の保湿では、肌表面をしっかり保護することが大切です。

添加物や界面活性剤をなるべく排除したものを使いましょう。

保湿には、肌の潤いを守る働きをする「セラミド配合」の化粧品が有効です

また、線維芽細胞に働きかけコラーゲンやエラスチンを作り出す「レチノール誘導体」も目元の小ジワにオススメです。

?アイクリームって、顔に塗るクリームと何が違うの?

目元専用のアイクリームは保湿力が高く、小じわなどに効果のある成分が特に多く入っています。

肌全般のクリームに、エイジングサインのでた目元にプラスαの効果を与えてくれる有効成分がタップリとはいった贅沢なクリームといえるでしょう。

?あなたに合ったアイクリームの選び方

?”目元の悩み”と一言で言っても人それぞれ悩みは違うはずです。

シワ・くすみ・たるみ・クマ 。

シワの一つにしても、表情ジワのようにシワが深いものもあれば、ちりめんジワのように乾燥からきているものがあります。

表情ジワ(真皮性のシワ)は、真皮の中でハリを保つ働きをするコラーゲンや、うるおいを保つ成分が減少し、弾力が失われることでできる深いシワのことで、紫外線が主な原因だといわれています。

シワの深さが真皮に達することから真皮性といわれていて、年齢を重ねるにつれて、目尻や額などにできるのが特徴です。

この悩みには、コラーゲン・エラスチン・ペプチドなどのハリや弾力を作る成分が配合されたアイクリームを使うのが効果的です。

一方、ちりめんジワ(表皮性のシワ)は、新陳代謝の低下と角質層の水分量が減少することでできるシワです

浅くて細かいシワであることから、ちりめんジワとも呼ばれていて、年齢を重ねるにつれて目の下や目尻などにできるのが特徴です。

一つ一つは細かくて小さいシワですが、数が増えてシワ同士が重なると、太く大きくなり目立ってきます。

この悩みには、しっかりと保湿が必要です。

ヒアルロン酸・アミノ酸・セラミド・コラーゲンなどの保湿成分が豊富に配合されたアイクリームが効果的です。

このように、それぞれの悩みに特化したアイクリームで、自分の悩みに応じたクリームを使わないといくら値段の高いアイクリームを使っていてもなかなか改善はされない結果になってしまいます。

?アイクリームを買う時に気をつけたい3つのポイント

?買ってはいけないアイクリームは、今までに書いたおさらいです。

目元は薄いジョーゼットのようにデリケートな部分。

少しの摩擦もダメージになってしまいます。

『硬く、浸透の悪いアイクリームはだめ』

できるだけ負担がかからないよう、柔らかで伸びの良い、浸透性に優れたアイクリームを選びましょう。

『添加物だらけの商品はだめ』

敏感な目元。添加物や界面活性剤の入っていない、目元に優しい良質のアイクリームを選びましょう。

『悩みに関係のないアイクリームはだめ』

高いから全てに効果があるわけではありません。

たとえば”シワ”と一言でいってもシワにも種類があります。

弾力が失われたことでできてしまう表情ジワの悩みに、保湿に特化したアイクリームを使用してもなかなか効果が現れないのはあたりまえです。

自分の悩みをきちんと知り、その悩みに応じた成分の入っているアイクリームを選びましょう。

?アイクリームに取り入れるべき、保湿以外のおすすめ成分

目元は乾燥しやすい部分です。頬などおの目元以外の肌の3分の1ほどの皮膚の厚さしかないため乾燥を招きます。

その皮膚の薄さは乾燥を招くだけではありません。

コラーゲンの減少によってテキメンにあらわれる”たるみ”や”表情ジワ”。

毛細血管や浅部静脈などの血流が悪く血液の色が黒ずんでしまったものが、薄い皮膚から透けて見えてしまう”くま”。

血行不良や、刺激による色素沈着が主な原因の”くすみ”。

など、目元の悩みには乾燥以外にも様々ななやみがあります。

目元専用のアイクリームにはしっかりとヒアルロン酸・アミノ酸・セラミド・コラーゲンといった保湿成分以外にも、エラスチン・ペプチドなどのハリや弾力を作る成分や、美白効果の高いプラセンタエキス、肌の再生能力を高め瑞々しい目元にしてくれるビタミンC誘導体やビタミンA誘導体、たるみ等のエイジングサインを予防・ケアすることのできる整肌成分レチノールなど。

アンチエイジングをめざす30代40代からは、保湿以外の美肌成分もしっかり取り入れたいですね。

?お悩み別アイクリームの紹介

表情ジワに・・・

ポーラサインズショット

表情によってできる「表情圧」に着目した商品がポーラが出しているこちらの「サインズショット」。

成分の研究が得意なポーラが作った「サインズコアリキッド」という、ボタンエキスとヒカゲノツルニンジン抽出物加水分解液をブレンドしたオリジナル複合保湿成分で、表情ジワだけでなく、乾燥による小じわにも有効です。

乾燥ジワに・・・

アテニア

デリケートな目元にするりとなじみながら「ぴたっ」と密着して、潤いを与えるアイセラムです。

保湿成分「スクワラン」「レシチン」などを配合。目元に使うことで肌を乾燥から守ります。

くすみに・・・

b.glen トータルリペア アイセラム

目元に使うことで、潤いを与えながらキメを整える目元用美容液です。キメが整うことで目元に透明感がでてきます。

保湿成分「セラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を配合。目元用美容液と記載はありますが、テクスチャーはクリームのように濃密なので、しっとりとしたテクスチャーがお好みの方にもおすすめです。

たるみに・・・

ホメオバウ アイクリーム

目元に潤いとハリを与える、肌なじみの良いアイクリーム。

保湿成分「ヒト型セラミド」や、「EGF」「FGF」を配合。目元に潤いとハリを与えます。

?目元のしわ改善に効果があるアイクリームは?

保湿成分がしっかりと入っていることはもとろんのこと、セラミド・ビタミンC誘導体・ビタミンA誘導体・エラスチンなどの成分がはいったものが有効的です。

?浅い小じわでお悩みの方は

ちりめんジワ(表皮性のシワ)は、新陳代謝の低下と角質層の水分量が減少することでできるシワです

浅くて細かいシワであることから、ちりめんジワとも呼ばれていて、年齢を重ねるにつれて目の下や目尻などにできるのが特徴です。

一つ一つは細かくて小さいシワですが、数が増えてシワ同士が重なると、太く大きくなり目立ってきます。

この悩みには、しっかりと保湿が必要です。

ヒアルロン酸・アミノ酸・セラミド・コラーゲンなどの保湿成分が豊富に配合されたアイクリームが効果的です。

?深い真皮しわでお悩みの方は

表情ジワ(真皮性のシワ)は、真皮の中でハリを保つ働きをするコラーゲンや、うるおいを保つ成分が減少し、弾力が失われることでできる深いシワのことで、紫外線が主な原因だといわれています。

シワの深さが真皮に達することから真皮性といわれていて、年齢を重ねるにつれて、目尻や額などにできるのが特徴です。

この悩みには、コラーゲン・エラスチン・ペプチドなどのハリや弾力を作る成分が配合されたアイクリームを使うのが効果的です。

?30代40代に本気でおすすめしたいアイクリームランキング

アテニア

アイクリームの正しい使い方と使う順番

?商品によって違いはあります。気に入った商品をラインで使うなら、化粧水から美容液やクリームまでの使用順番の書いたものがあると思いますので、それにしたがってください。

アイクリームの中でも、目元にピンとハリを出し、シワやたるみを形状記憶のようにとめるものは仕上げとしてスキンケアの一番最後に使用するのをオススメします

これからお教えするのは、ごく一般的な使用順です。

アイクリームはたっぷりの保湿効果のために、こっくりと油分の多いものが多いです。

そのアイクリームの肌への浸透を良くするためには、油分の少ない方から化粧水→(美容液)→乳液→アイクリーム→クリーム(ナイトクリーム)の順番がオススメです。

アイクリームが美容液タイプの場合は、化粧水→(美容液)→目元美容液→乳液→クリーム(ナイトクリーム)の順番になります。

水分をタップリと含んだお肌は保湿成分の浸透が高まります。

油分の少ない化粧水から順にお肌になじませ、徐々にお肌への浸透をふかめましょう。

ちなみに、化粧水はコットンでパティングしながら・・アイクリームは綿棒で目の下にのばす・・などのやりかたもありますが、デリケートな肌はコットンや綿棒の繊維ですら刺激になります。

自分の指や手のひらで優しくのばし、毎日お肌の状態をチェックしてあげてください。

化粧水から最後のクリームまで、各それぞれ最後は手のひらで顔を覆い、手の温度でパックするように浸透させてあげましょう。

アイクリームの塗り方

綿棒やコットンなどは使わず、自分の指で優しくのばし、最後は指や手で優しく覆い

パックするように浸透させてください。

その他、おすすめのアイクリーム

オルビスユー デュアルトータルアイ

明色化粧品 プラセホワイター 薬用美白アイクリーム

SHISEIDO IBUKI アイ コレクティング クリーム

THREE バランシング トリートメント アイクリーム

エクサージュ エクストラモイスト アイズ

エピステーム アイパーフェクトショット

SHISEIDO BOP Lダイナミック アイトリートメント

なめらか本舗 リンクルアイクリーム